整備



倒立フォーク オーバーホール

DUCATI モンスター

DUCATI  モンスター オーバーホール

前後サスを一緒に外すのにワンオフでフレーム固定用チグを作成。これで車体を固定し前後サスを外す。

倒立サス専用チグ。トライアンフ675用で作った物が流用できた。これで、割と簡単に分解することができる。



リヤサスはガス封入式なので、分解はできてもガスを入れれないので外注します。





車検

KAWASAKI Z1

Z1 車検


リアホイルを外し、ハブベアリングのガタ、ブレーキシュー、ドラムの摩耗を点検。アクスルシャフトやスプロケットの摩耗も同時点検を行い、不良があれば交換します。

ドライブチェーンの点検

ドライブチェーンの点検。曲がり、伸びの変形があれば交換します。この場合、スプロケットも同時交換します。



フロントホイールを外し、フロントブレーキを点検します。キャリパーのオイル漏れ、パットの残量、ディスクの摩耗変形を目視で確認し、合わせてハブベアリングのガタをみて、メーターギヤもグリス切れが無いよう組み付け時にグリスアップします。

ディスクローターも点検します。Zのローターは過剰(厚くて重い)品質なので頑丈ですが、永年乗っていると表面に同心円の傷がついてしまいます。車検には問題ありませんが、大きな傷は致命傷です。



ディスクパットを点検します。社外品でもOK。それぞれのパットの厚みに使用限度があるので、限界前に交換することが大切です。ここは「命」を守るパーツなので、早めの交換をお勧めします。



このZのリアホイールゴムダンパーの色は艶があり劣化がみられません。白化してパサパサになると弾力がなくなり機能しません。そうなると交換します。

 





CRキャブレターの場合は、エアークリーナーが必須です。エアーファンネルでは車検は通りません。ブローバイガス(未燃焼ガス)の大気開放はNGのため、フィルターを取り付けるか(下写真)エアーフィルターに戻す必要があります。


車検整備完了


メーカーを問わず車検整備承ります